リフォームローンの口コミを集めた人に銀行別の感想を聞いてみた

ご存知の事とは思いますがリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保の有無によっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

リフォームローンに落ちた人はその原因を分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数や会社の経営状況、雇用形態等に融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

厳しい審査ゆえに多くの人が審査に落とされその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

また、追加融資が難しい金融機関においては担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

気になる金利ですが短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

参照:http://www.freedomisavoice.com/taiken/kutikomi.html

その料金は工事業者によって異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除があります。

申告することによってその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件付きになっています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

現実的な返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

リフォームローン金利比較を行う際は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。