住宅ローンの金利が安い銀行の選び方

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプは2種類に分けられ固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となる工事内容についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

利用者に関しても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告をする必要があります。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローンの頭金は施工する業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は比較サイトを利用すると効率が良いです。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

金利や審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

サイトによってはバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって異なります。

低い利率では1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系というものが2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

最近話題のアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

アプラスの金利ですが、短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

また、団信の加入可否についてや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンには多くの人が集中するので審査が厳しい傾向にあります。

故に、残念ながら審査に落ちてしまい怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるのでネットの情報だけに頼ってしまうのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報を登録せず利用できるので気軽に利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいので積極的に利用することをお勧めします。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税ですね。

申告をすることで、その年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり指定されています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

参考: